新B4年生の皆さんへ

神戸大学大学院システム情報学研究科アーキテクチャ研究室では,どのような研究を行っているのか,またどのような研究環境なのかを詳しくご紹介いたします。CS28に配属希望の方,興味を持った方,お悩み中の方も是非ご覧ください。

新入生へのメッセージ

科学技術イノベーション研究科CS28 川口博教授から新入生へのメッセージです。

詳しく読む

オープンラボについて

2019年度のオープンラボは以下の日程と場所で開催します。

  • 日程: 3/29
  • 時間: 13:00~17:00
  • 場所: 自然科学4号館802号室

研究内容

B4の研究テーマは以下のようになっています。研究内容の詳細は「研究内容」をご覧下さい。

  1. ディープラーニングを用いた自動運転応用実時間動画像物体認識プロセッサ
  2. 超並列高速学習ディープラーニングアーキテクチャ
  3. 非接触計測による生体信号モニタリング技術の研究
  4. IoTセンサによる大規模構造物・環境モニタリング技術の研究
  5. IoTセンサを用いた屋内高精度測位システムの開発
  6. バッテリレス・フレキシブル生体センサの研究

研究環境

CS28は,自然科学総合研究棟4号館 802号室を居室として,システム棟 S202~S203号室を計測室として,それぞれ使っています。CS28ではメンバー1人1人に机が用意され,そのスペースを自由に使って研究しています。

また,メンバー全員に,デスクトップPCが1台ずつ支給されます。研究室LANや無線LANのアクセスポイントも設置されていて,自分のノートPCを持ってきて無線LANでインターネットに接続している人もいます。

このほか,VLSIの設計のために,専用のCAD端末が40台近く用意されています。また,高性能ブレードサーバ(Sun,Linux)やメモリテスタ・ロジックテスタもあり,大規模なシミュレーションや回路・レイアウト設計・チップの測定をするための設備が整っています。

研究室風景のギャラリーはこちら

研究業績

国内・海外問わず,学会発表が多いのがCS28の特徴です。国際学会に投稿し,CS28の研究を世界のたくさんの人に知ってもらいたいというのが研究室の方針です。そのため,メンバー全員チャンスがあれば,どんどん海外に渡航します。

2018年度の国際学会発表は7件となりました。

  • 2018/05/27 – ISCAS2018@フィレンツェ,イタリア
  • 2018/07/17 – EMBC2018@ホノルル,アメリカ
  • 2018/10/21 – SiPS2018@ケープタウン,南アフリカ(2件)
  • 2018/11/26 – GlobalSip2018@アナハイム,アメリカ
  • 2018/12/09 – ICECS2018@ボルドー,フランス(2件)

また,2007年度~2018年度の12年間の国際発表・国内発表は以下のようになっています。

過去12年間の国際発表

過去12年間の国内発表

過去12年間で国際発表124件,国内発表130件となっています。国際発表と国内発表を合わせると254件という業績を上げています。

研究室旅行

CS28では,毎年学生が自主的に企画して,研究室旅行に行っています。2018年度は台湾へ研究室旅行に出かけました。

龍山寺

中正紀念堂

十份

小籠包

3泊4日かけて様々な場所を回りました.

研究室への行き方

CS28の居室は,自然科学総合研究棟4号館(※3号館じゃありません!)802号室にあります。4号館は「神大文理農学部前」バス停からかなり近い場所にあります。下に,工学部方面からのわかりやすいルートを書きます。

  1. まず,工学部からLANSの方へ行き,LANS BOX(LANSの食堂と購買のある建物)のところで右に曲がります。
  2. 道なりにまっすぐ行くと,ロータリーがあります。その奥,道の左側に見える,白い8階建ての建物が4号館です。

また,測定室はシステム棟 S202~S203号室にあります。工学部食堂のあたりから見える,5階建ての煉瓦風の外観の建物がシステム棟です。